背景画像
長崎大学共用機器管理・予約・課金オンラインシステム
TOP画像1 TOP画像2 TOP画像3 TOP画像4
共用機器検索Equipment Search
更新情報・お知らせNotice / Update Information
長崎大学共用機器管理・予約・課金オンラインシステムについて
平成29年度 文部科学省 先端研究基盤共用促進事業(新たな共用システム導入支援プログラム)に、長崎大学の「先端物質科学研究ユニット」と「水産・環境総合研究科」の二つの組織による提案が採択されました。本事業は、個々の研究室や組織で管理されている研究設備・機器を、共用システムの構築を通して、学内外の研究者に有効活用させることを目標とします。本学の研究環境の改善と研究の活性化への貢献を期待しています。
About a Nagasaki Univ. Shared Equipment Management/Reservation/Billing Online System
Two proposals, from The Advanced Materials Science Research Unit and Graduate School of Fisheries and Environmental Science, were adopted by Support Program for Implementation of New Equipment Sharing System (H29, MEXT). This online sharing system was built through the program and aims to make effective use of research equipment, managed by individual laboratories, for researchers from not only Nagasaki University but also all over the world. Improvement of research environment and activation of research in Nagasaki University are expected.
先端物質科学研究ユニット共用システムについて
先端物質科学研究ユニットは、工学研究科の化学、材料工学、電子材料関連分野からなる研究組織です。本取組において、分析機器および機能・物性評価装置の効率的な共同利用システムならびにサポート体制を構築し、研究方法・手段の幅を広げ、研究のスピードアップ、質の向上、融合的研究の促進による研究力向上を図ります。ユニット保有の40機種以上の多くの研究機器利用を可能にし、若手研究者や学生等に対する技術トレーニングや講習会を通した分析・評価技術のスキルアップを図ります。また、国内外の研究機関との研究連携にも協力します。
About a Advanced Material Science Research Unit Sharing System
The Advanced Materials Science Research Unit (AMSRU) covers the research field of chemistry, materials engineering and electronic materials in the graduate school of engineering. This project focuses on the establishment of effective instrument-sharing and utilization-supporting systems for analysis and characterization of functions and physical properties on the study to make progress in research due to enhancement of research speed and quality, as well as promoting integrated studies. AMSRU will provide opportunities of using many kinds of instruments over 40 possessed in the unit, and technical training and the related seminar to improve analysis and evaluation skills for young scientists and students. AMSRU also contributes to collaborative researches with local and international research institutes.
水産・環境科学総合研究科共用システムについて
水産・環境科学総合研究科は、水産学部と環境科学部を基礎部局とする研究科であり、水産科学、環境科学及び両者を融合させた学際的・総合的分野の教育研究を推進することにより、環境や食料等の問題解決に貢献する実践的指導力を持つ高度専門職業人並びに国際性の高い研究者等の人材を養成するとともに、環境と調和した人類の生存を実現するための新たな学際科学の創出と発展に資することを目指しています。これらの目標を達成するために、新共用システム事業を通じて、水産・環境科学に関連する研究機器の共用を推進します。
About a Fisheries and Environmental Sciences Grad School Sharing System
Graduate School of Fisheries and Environmental Science is founded to cultivate both advanced specialists with practical leadership skills and internationally competent researchers, who can address and provide solutions to environmental and food-security issues, by promoting education and research in interdisciplinary and comprehensive academic fields of fisheries science and environmental science. In order to achieve these objectives, sharing of instruments for fisheries and environmental research is promoted through the JST program.
リンクLink
長崎大学
文部科学省

トップへ